内勤の仕事とは?事務から営業まで様々です

内勤といえば事務の仕事

オフィス内で働く人のイメージは、パソコンに向かって静かに仕事をしている人かもしれませんね。確かに内勤と聞くと、事務的な仕事をしている人が出社してから退社するまで、ランチや休憩以外はあまり外出しないで仕事をしている様子を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。内勤の仕事として一般的なものは、一般事務と呼ばれる電話応対、資料作成、伝票の整理・ファイリングなどの仕事をする人、経理、人事、総務、秘書、受付などがあります。

内勤で営業の仕事もある

営業という言葉からイメージするのは、顧客の会社や個人宅を訪問して、商品やサービスの説明や販売など売上げに結びつく業務全般をしている仕事ですよね。外出していることが多いと思いがちですが、実は内勤営業という職種も存在するのですよ。例をあげると、携帯電話の販売代理店の窓口で働いている人や、旅行代理店、不動産屋のカウンター業務、銀行の窓口でクレジットカードの勧誘をする業務、など身近に利用する場所にもこのような内勤営業の仕事をする人がいますよね。

内勤業務は他にもたくさん

内勤事務、営業など、実は社内や店舗の中で働いている人が意外に多いことが分かりますが、他にも内勤の仕事は沢山あるのですよ。例えば通信販売会社などでお客様からの注文を受け付けるオペレーター、保険会社、銀行、証券会社などのコールセンターやお客様相談センターなどでクレーム対応などの仕事をしている人、パソコンや周辺機器などを購入した人向けに操作方法をサポートするテクニカルサポート業務などがあります。このような仕事は主に電話やメール、チャットを使用してお客様に対しサービスを提供する内勤業務です。

運用監視業務の方法の正しい決め方は目的を考えて最適なシステムを探し、安全に運用できる方法を探す必要があります。