常識がない!?新人研修で教えておくべきマナー3選

目上の人に対するマナー

最近の若者は、という言葉がよく発せられるようになったことからも推察されるように、欧米の自由な文化の影響を大きく受けている現代では若者の持っている常識が上の世代とは異なる状況になってきています。そのため、以前に比べても目上の人と若者のコミュニケーションにストレスやトラブルが生じやすくなっています。新人研修ではその若者達の将来のためにも目上の人にストレスを与えないためのマナーを教えなければならないというのが現状です。

顧客に対する敬意をもった接し方

目上の人に対する姿勢と同様に、敬うべき相手に対する接し方は全般的に教えなければならないのが最近の若者に対する新人研修です。特に重視しておかなければならないのが顧客に対する接し方であり、最大限の敬意を払って接するということを心に刻み込ませる必要があります。目下の人に対して頭を下げなければならないことも珍しいことではなく、そういったときに相手が快く感じるような態度を取れなくてはなりません。それを新人研修で教え込む必要があるのです。

同期とのコミュニケーションの取り方

最近の若者はと言われてしまう点の一つの問題がコミュニケーション能力不足です。同期との接し方すら悩んでしまうようなコミュニケーション能力のない人材も稀に入社してきてしまうことがあります。仕事の上では有能であるという人材も稀ではないことから、そういった人材にコミュニケーション能力をつけてもらって現場で心地よく活躍してもらうことは大切です。そのためにも、様々な場所から集まった同期達とのコミュニケーションの取り方を明示することが新人研修に求められています。

社員研修に関しまして色々な会社で社員の教育育成の為研修が行なわれています。その中で会社への意欲が湧いてきます。