意外な落とし穴!?キッチンのチェック項目3選

動線を考えて!使う時を考えたキッチン選び

賃貸物件を選ぶ際に、見た目だけでキッチンを判断しているという方も多くいるのではないでしょうか。ですが見た目だけで判断するのではなく、使い勝手を考えて選ぶことを忘れてはいけません。使い勝手を考える際に大切なポイントとなるのが、動線の問題です。実際にキッチンを使う時にどのように動くか考えて物件を選ぶことによって、使い勝手のいいキッチン選びにつながります。家具の置き場所まで、総合的に考えて判断することが大切です。

調理台の広さは?高さも忘れずにチェックを

キッチンをチェックするときに、調理スペースが確保できるかどうかも大切なポイントの一つです。特に自炊をしようと考えている場合であれば、まな板を置くスペースがあるかどうか、洗い物がしやすい環境かどうか自分の目で確認します。また実際にキッチンの前に立ってみることで、使いやすい高さのキッチンかどうか判断できます。写真だけで判断するという人も中にはいますが、実際に自分の目でみなければわからない点も多く存在します。

ガス水道!見落としがちなチェック項目

キッチンは内覧に行って、見て判断すれば間違いない!こんなふうに思っている方はいませんか?ですが、見た目だけではわからない点もあるので、必ず書面での確認も忘れてはいけません。例えばマンションの場合には、契約しているガス会社はマンションのすべての部屋ごとに同じです。違うガス会社がよかったと、後からガス料金の請求を見て後悔することがないようにするためにも、事前の確認が大切です。もちろん、ガスだけではなく、水道に関するチェックも大切です。

シュレッダーで書類などを細かく裁断すれば情報漏えいなどのリスクを回避することが出来て良いといえます。